FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

武士猿 (集英社文庫)武士猿 (集英社文庫)
(2012/05/18)
今野 敏

商品詳細を見る

評価:★★★★★

単細胞の美学

明治初期、琉球王朝の末裔として生まれた本部朝基は、王家に伝わる武術、手の実戦修行を繰り返していた。噂を聞きつけた猛者たちの挑戦を受け、鍛錬を積む日々。やがて拠点を内地へ移した朝基は、柔道やボクシングの使い手と他流試合を行うようになる。生涯を掛けた戦いの果てに辿りついた真理とは…。

「強くなりたい」・「己の武術を世に知らしめたい」…その為に強い相手がいると聞けば立ち合いを挑み、達人がいると聞けば教えを乞う。名声が響き渡り、挑戦を受ける側になっても、根っこの部分は変わらない。派手な死闘や大逆転劇があるわけではなく、淡々と愚直な男の生涯が描かれていきます。

途中であまりにもワンパターンな展開に戸惑いを覚えるものの、その一貫した姿勢こそが本書の最大の見所でもあります。格闘漫画でよく見られますが、蓄積したダメージにより、最後は指先の一押しで倒されてしまうように、本書の魅力に屈していきました。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/05/29 17:18] | ★★★★★
[tag] 今野敏
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
武士猿 (集英社文庫)(2012/05/18)今野 敏商品詳細を見る評価:★★★★★単細胞の美学明治初期、琉球王朝の末裔として生まれた本部朝基は、王家に伝わる武術、手の実戦修行を繰り返して
2012/05/29(Tue) 23:08:33 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。