新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

たぶらかし (集英社文庫)たぶらかし (集英社文庫)
(2012/03/16)
安田 依央

商品詳細を見る

評価:★★★

ユーモラスで軽快なテンポは心地よい…でも、『たぶらかし』てはくれません。

元劇団員の冬堂マキは、市井の人々の中で、誰かの「代役」を演ずることで生計を立てている。多忙なセレブ社長の子息の母親役、夫の親戚との付き合いを厭う新妻役など…依頼人たちの身勝手さに苛立ちながらも、淡々と仕事をこなす日々。ある日、ニセの依頼をしてきた謎の男・モンゾウに、無理やり弟子入りされることになり…。

独身アラフォー女性である主人公の何かにつけて『頑な』な感じが、得も言われぬ実在感を醸し出しています。ヒロイン?のモンゾウもなかなか良い味を出しているし、二人のやり取りをはじめ、セリフ回しは総じて気が利いているので『会話劇』としては十分楽しめます。

依頼者を通じて、家族の在り方に踏み込んでいく辺りもよく出来てはいるのですが、いかんせん結果が予定調和過ぎます。主人公が役者として一流という前提があり、「正体が見破れる」という類のスリルを排しているだけに、もう少しオチには工夫が欲しかったところです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/03/30 16:12] | ★★★
[tag] 安田依央
トラックバック:(0) |

次はしっかり「終活」してくれた!?
英津子
「たぶらかし」がドラマ化されましたけど、
安田依央さん、着々と次作『終活ファッションショー』
を出されていたので、早速読んでみました。
いや、たぶらかしよりも深い内容になっていて、
エライ。

このままの勢いでさらに今後の作品も出していけるか、
これが気になったんですが、今後も大丈夫みたいですね。
www.birthday-energy.co.jp
(こんな切り口のサイトもおもしろいものです。)


Re: 次はしっかり「終活」してくれた!?
文雀
英津子さん

『終活ファッションショー』…確かに面白そうですね。

ご紹介いただきありがとうございます。

文庫化されたら手に取ってみたいと思います。


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
次はしっかり「終活」してくれた!?
「たぶらかし」がドラマ化されましたけど、
安田依央さん、着々と次作『終活ファッションショー』
を出されていたので、早速読んでみました。
いや、たぶらかしよりも深い内容になっていて、
エライ。

このままの勢いでさらに今後の作品も出していけるか、
これが気になったんですが、今後も大丈夫みたいですね。
www.birthday-energy.co.jp
(こんな切り口のサイトもおもしろいものです。)
2012/06/22(Fri) 23:22 | URL  | 英津子 #DvI991tw[ 編集]
Re: 次はしっかり「終活」してくれた!?
英津子さん

『終活ファッションショー』…確かに面白そうですね。

ご紹介いただきありがとうございます。

文庫化されたら手に取ってみたいと思います。
2012/06/22(Fri) 23:38 | URL  | 文雀 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。