新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

耳をふさいで夜を走る (徳間文庫)耳をふさいで夜を走る (徳間文庫)
(2011/09/02)
石持浅海

商品詳細を見る

評価:★★★

「この本面白かったから読んでみて」というより、「この本に対してどういう感想を持つのか知りたいから読んでみて」と思わせる作品でした。(著者の作品を初めて読んだので、そう感じたのかもしれませんが…)

物語は主人公の『三人の女性をいずれ殺さなくてはならない』という独白から始まります。その理由や計画が行動に移る経緯は本書を読んでのお楽しみです。グロい描写はそれほどありませんが、性的な描写は何故か多いです。

タイトルや文中のキーワードが活きて来ますし、350ページ余りの中にきっちりミステリー要素が詰まっているので、終始飽きずに読み進められます。話が非現実な方向に行き過ぎない点にも好感が持てました。ただ、どうせなら三人から一人に絞って「父親」や「団体」について掘り下げていたら、より深みが増したように思います。殺人衝動と性的衝動の関連性にも私はあまりピンと来ませんでしたので、★★★とさせていただきました。

今回は「シリアルキラー」・「エログロ」・「覚醒」という共通キーワードから、最近観て良かった映画 『冷たい熱帯魚』をおすすめしておきます。

冷たい熱帯魚 [DVD]冷たい熱帯魚 [DVD]
(2011/08/02)
吹越満、でんでん 他

商品詳細を見る

下衆で卑近なダークヒーロー、でんでんが演じる村田は必見です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

[2011/09/01 19:00] | ★★★
[tag] 石持浅海
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。