新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

甘栗と戦車とシロノワール (角川文庫)甘栗と戦車とシロノワール (角川文庫)
(2012/02/25)
太田 忠司

商品詳細を見る

評価:★★★

『コメダ珈琲』とのタイアップ小説!?

事故で亡くなった父親の跡を継ぎ、高校生ながら探偵稼業に手を染めたことのある主人公・甘栗晃(あまぐり あきら)。その噂を聞きつけ、甘栗のもとを訪れたのは『名古屋最凶の中学生』と恐れられていた無敵の不良・徳永馨(とくなが かおる)。徳永の依頼は小学生時代の恩師を探せというもの…しかし、それはとんでもなくスリリングな事件の幕開けであった。

中学時代の悪友と手を切り、秘めた思いを胸に品行方正に生きようとする徳永。これでもかという程ベタな設定ではありますが、彼の言動や行動にはいちいち胸が熱くなります。主役の甘栗も一見飄々としているが実は……そんな二人がお互いを思いやる様はなかなか魅力的です。名古屋のご当地ネタが随所に描かれている点も良いアクセントになっています。

物語の展開は極めてオーソドックスですが、中盤以降は粗さが目立ちます。行方不明になった先生の居場所を突き止める過程がひどく、出来の悪いRPGゲームかと思うほど……ラストのビターな展開もその心意気は買いたいが、いささか消化不良な印象があります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/03/02 18:36] | ★★★
[tag] 太田忠司
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。