新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

楽園 (中公文庫)楽園 (中公文庫)
(2011/11/22)
樋口 有介

商品詳細を見る

評価:★★★

「作者が好きだから」or「あらすじを読んで面白そうだから」と本書を手に取った方はおそらく期待を裏切られるのではないでしょうか…

物語の舞台はアメリカと日本から経済的援助を受けている南太平洋上の小さな島国。CIAの現地駐在員である主人公は表向き雑貨輸入会社をしながら、島での平穏な生活が続くことを望んでいる。しかし、国では余命半年とされる大統領の後継者争いを巡り、水面下で政治家同士の権力闘争が起こり始めていた。そんなある日、皆から変人扱いされていた反社会主義者の島民が衆人環視の中で爆死するという事件が起きる…

西洋文明や貨幣経済に対するアンチテーゼというテーマに沿って、丁寧に描かれた作品です。大きなテーマを登場人物を上手く操りることで、コンパクトにまとめている良作ですが…

ミステリー要素や派手なアクションがほとんどなく、主人公の思想や目的もはっきりしないので、物語の推進力は弱いです。全般的に読者へのサービスが少ない為か、作者のファンサイトの投票でも全四十数作をおさえて最下位だそうです。しかし、作者にとっては今でもマイベストと称する作品とのことなので、一読する価値はあるのではないでしょうか。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2011/11/25 21:21] | ★★★
[tag] 樋口有介
トラックバック:(0) |


みみ〜
なるほど、読んでみます!


文雀
みみ~さん

駄文をお読みいただいた上に、コメントまで
いただき誠にありがとうございます。

本当に励みになります。



コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
なるほど、読んでみます!
2011/11/28(Mon) 10:31 | URL  | みみ〜 #SFo5/nok[ 編集]
みみ~さん

駄文をお読みいただいた上に、コメントまで
いただき誠にありがとうございます。

本当に励みになります。

2011/11/28(Mon) 20:20 | URL  | 文雀 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。