FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

明日の話はしない (幻冬舎文庫)明日の話はしない (幻冬舎文庫)
(2011/10/12)
永嶋 恵美

商品詳細を見る

評価:★★★★

とにかくきつい話です。三篇+@の構成ですが、一日一話が限界です。そうしないと、自分自身のメンタルパワーが枯渇してしまいそうで…

難病で何年も入退院を繰り返して人生を悲観する小学生
男に金を持ち逃げされ一文無しになったオカマのホームレス
職を転々とし、レジ打ちのパートで糊口をしのぐ26歳の元OL

年齢も性別もバラバラな三人に共通するのは決して明日の話はしないこと。そして最終話で三つの話が一つになる。

必要最低限のセリフと描写で語り手達の『どん詰まり感』を表現する技量は素晴らしいです。中でも第一話は秀逸で本当に救いの無い強烈なパンチを受けます。第二話でさらにその古傷を抉られ、第三話で物語は一つの結末を迎えます。ここで終わっていれば★×5をつけても良いと思える作品です。

最終話はそれぞれの話で語られなかった部分が明らかにされていくのですが、はっきり言って蛇足です。独白という形で説明的なネタばらしが続くので、興を削がれるというか、それまでの雰囲気が台無しになってしまっています。第三話で終わらせた方が、より読者の想像を掻き立てますし、タイトルの『明日の話はしない』という表現がより活きてくるのではないでしょうか。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

[2011/10/20 20:19] | ★★★★
[tag] 永嶋恵美
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。