FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

スナッチ (光文社文庫 に 16-4)スナッチ (光文社文庫 に 16-4)
(2011/09/13)
西澤保彦

商品詳細を見る

評価:★★★

良くも悪くも歪な作品です。読んでいる最中、ルールの全く知らないスポーツの試合を観戦しているような気分になりました。

婚約者に会いに高知県に訪れた主人公の男はある出来事で突如意識を失う。そして再び目覚めた時には31年の時が経過しており、自分の体にはもう一人の人格が存在していた。「いったいこの身に何が起きたのか?」 もう一人の人格に促されるまま市役所の『市民共栄企画課』に足を運び驚愕の事実が判明する。「わたし、ベツバオリなのですが」「実はサシモドシがありまして」…

終盤にかかるまで、話の筋道がなかなかはっきりと見えてこない展開には否が応にも引きこまれます。さらにもう一人の人格との対話は大変興味深く、異種との比較を通して人間の心や体の本質を描く様は見事です。今後の私の生き方にも少なからず影響してくるのではないかと思う程で、最低でも★×4はつけたかったのですが…

残念ながら終盤の展開にはついていけませんでした。万事が「こじつけ過ぎ」と言いますか、トンデモ展開と不必要な伏線の回収がひたすら続いてしまうのはいただけなかったです。せっかくすごく良い試合をしていたのに最後はPK戦で勝敗を決めたような釈然としないラストでした。延長戦を続けるかむしろ引き分けでも良かったというのが率直な感想です。

今回は『異種との対話』繋がりということで、藤原伊織の『蚊トンボ白鬚の冒険』上・下をおすすめしておきます。



「小説を読んでいて本当に良かった」と思えた生涯ベスト級の作品です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2011/10/03 19:55] | ★★★
[tag] 西澤保彦
トラックバック:(0) |

初めまして
Medeski
ブログランキングから飛んで来ました。綺麗なレヴューブログですね。私は受賞作(とメジャー)な作品に絞ってレヴューしていますが、新刊専門というのも面白い気がしました。開設したばっかりのご様子。のんびりと更新し続けてください。よく覗きに来ようと思います。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
初めまして
ブログランキングから飛んで来ました。綺麗なレヴューブログですね。私は受賞作(とメジャー)な作品に絞ってレヴューしていますが、新刊専門というのも面白い気がしました。開設したばっかりのご様子。のんびりと更新し続けてください。よく覗きに来ようと思います。
2011/10/05(Wed) 14:07 | URL  | Medeski #6Ed10Ip.[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。