新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

球体の蛇 (角川文庫)球体の蛇 (角川文庫)
(2012/12/25)
道尾 秀介

商品詳細を見る

評価:★★

『器用貧乏』という言葉がしっくりとくる

幼馴染で憧れの存在でもあったサヨ。私は彼女の死の秘密を抱えながら彼女の家族と暮らしている。17歳になった私は、彼女に似た女性に夢中になるが…。狡い嘘、幼い偽善、決して取り返すことのできない過去のあやまちとは……。

読んでいて先の展開が気になるのは間違いありません。但し、物語に入り込んでいるからというよりは単純に退屈だから…終始こちらの期待値のやや下の部分を平行して進んでいきます。

著者がインタビューで「これまでのどの作品がなくてもこの小説は書けなかった」と語っていますが、様々な要素をミックスしようとした事がマイナスに作用。絞りきれていないテーマの上に寓話的な話をねじ込まれるのは読み手側からするときびしいものがあります。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2013/01/02 11:45] | ★★
[tag] 道尾秀介
トラックバック:(0) |

こんにちは
takeshi3017
こんにちは。takeshi3017です。
道尾さんの作品結構好きなんですが、
この本はミステリーの要素が薄いと聞きました。
なのでなんとなく手を出せずじまいです。
道尾さんはミステリーを書くのやめたんですかね。
他の路線の作品が最近多いですよね。
評価も高くなさそうなんで
読まなくてもいいかなーなんて思いました。
貴重な情報ありがとうございました♪


takeshi3017さん
文雀
コメントありがとうございます。

いわゆるどんでん返しはないですが、ミス
テリーの要素がないわけでもなく…いず
れにせよあんまりおすすめはしません。

ミュージシャンのベスト盤が熱心なファンに
とってはそれほど価値がなかったりするの
と似ているような…

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
こんにちは
こんにちは。takeshi3017です。
道尾さんの作品結構好きなんですが、
この本はミステリーの要素が薄いと聞きました。
なのでなんとなく手を出せずじまいです。
道尾さんはミステリーを書くのやめたんですかね。
他の路線の作品が最近多いですよね。
評価も高くなさそうなんで
読まなくてもいいかなーなんて思いました。
貴重な情報ありがとうございました♪
2013/01/08(Tue) 18:27 | URL  | takeshi3017 #-[ 編集]
takeshi3017さん
コメントありがとうございます。

いわゆるどんでん返しはないですが、ミス
テリーの要素がないわけでもなく…いず
れにせよあんまりおすすめはしません。

ミュージシャンのベスト盤が熱心なファンに
とってはそれほど価値がなかったりするの
と似ているような…
2013/01/14(Mon) 22:27 | URL  | 文雀 #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。