新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

罪と罰の果てに (光文社文庫)罪と罰の果てに (光文社文庫)
(2012/11/13)
永瀬 隼介

商品詳細を見る

評価:★★

詰め込み過ぎて何もかもが中途半端に…

千葉県房総半島の漁師町。人々から『キリストさん』と慕われる古紙回収業の男に当時中学生であった幸太と東一は『神』を見た。聖斗は両親が新興宗教にはまったせいで、妹の聖美と共に親戚の家で奴隷のような生活を強いられていた。同じ町で育った4人が17年後に東京で再会し、封印された過去が明らかになる―。

辛うじて興味が魅かれたのは序盤のみ、蓋を開けてみれば何でもない話をよくもまあここまでこねくり回したものです。

登場人物達がその場その場で都合良く行動していくので、各キャラクターに一貫性がなく、魅力も感じなければ、感情移入も出来ません。本当に最後の最後まで誰が誰だがわからない始末…。

『新興宗教』・『ヤクザ』・『アフリカ』……あらゆることエピソードが結ばれることなく迎えるラストは貧弱としか言いようがありません。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/11/24 18:00] | ★★
[tag] 永瀬隼介
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。