新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

敗者復活 (徳間文庫)敗者復活 (徳間文庫)
(2012/11/02)
藤田宜永

商品詳細を見る

評価:★★

長編ではなく、連作短編向き

経営していたスーパーで粉飾決算に手を染め服役、流転の末に老朽化した場末のバッティングセンターの経営者におさまった崎見邦彦。服役時代の仲間からの電話、バッティングセンターの土地売却、別れた妻子との再会…平穏な生活を送っていたはずの崎見が守るべきもののため、再び戦いの渦へ-。

とにかく長い……物語の本筋であるバッティングセンターの土地売却自体の内容が薄いので、なおさらそう感じます。

本書の見所はそこではないというのはわかりますし、様々な境遇の大人達が寄り集まり、行われる交流に趣があるのは事実です。

しかしながら、長編としての体裁を保つ為に脇役達を無理にでも本筋に絡ませようとする『こじつけ』は頂けない。そのせいでストーリー進行がわかりづらくなっていますし、あらゆる人物の心情を逐一説明し過ぎる点が冗長さに拍車をかけています。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/11/04 17:53] | ★★
[tag] 藤田宜永
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/11/11(Sun) 15:24 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。