FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

晩年計画がはじまりました (角川ホラー文庫)晩年計画がはじまりました (角川ホラー文庫)
(2011/08/25)
牧野 修

商品詳細を見る

評価:★

本年度ワースト級の作品です。生理的に不快な描写が続くことがホラーなのか?バッドエンドだからホラーなのか?と作者に問いたい。

命と引き換えに怨みをもった相手に復讐してくれるという
“晩年計画協会”
主人公の女性は生活保護受給者を支援するケースワーカー
結構面白くなりそうな題材なのですが…

上記の題材が全く活かされず、話が進行するにつれどこかで聞いたようなチープな展開になっていきます。さらに後半はそれまで語られた各エピソードが上手く噛み合わず、話自体がどんどん破綻していきます。ラストは確かに二転三転はするものの、単に作者のやりたい放題です。事前に黒幕を登場させていたというだけで伏線も何もあったもんじゃないです。本当に只々しらけてしまいました。

そもそも地味で目立たないはずの主人公が晩年計画の標的となり得るには依頼者に対して何らかの救いの手を差し伸べたという描写が絶対に必要であったはずです。主人公が単なる傍観者の一人では、逆恨みにしたって不自然過ぎます。こうした話の核となる部分に対してのツッコミすら、重箱の隅をつついているだけのような気持ちになってしまうのが本書の何より恐ろしい所です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

[2011/09/15 19:50] |
[tag] 牧野修
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。