FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

廃墟建築士 (集英社文庫 み 40-5)廃墟建築士 (集英社文庫 み 40-5)
(2012/09/20)
三崎 亜記

商品詳細を見る

評価:★★★★

『現実』と『非現実』、そして『バカ』と『真面目』の狭間で楽しむ

『七階を撤去する』・『廃墟を新築する』・『図書館に野性がある』・『蔵に意識がある』-ちょっと不思議な建物をめぐる奇妙な事件達。「ありえないことなどありえない」…現実と非現実が同居する物語。

『全国七階評議会?』・『廃墟先進国??』・『図書館調教マニュアル???』-「またわけのわからないことを…」と半笑い。しかし、スナック菓子片手に寝そべりながら読み始めたはずが、いつのまにか正座をして両手でページを捲っている。まさにそんな感じの読書体験が出来る稀有な作品です。

四話とも『建物』と『人』との関わりが主として描かれていますが、アプローチの手法は変化に富んでいます。一方で物語が持つ温度には共通したものがあり、それを『心地が良い』と感じるか『刺激がない』と感じるかで好みが分かれるのではないでしょうか。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/09/20 14:00] | ★★★★
[tag] 三崎亜記
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。