新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

擬態 (講談社文庫)擬態 (講談社文庫)
(2012/08/10)
永嶋 恵美

商品詳細を見る

評価:★★★

せつなくて良い場面が随所に散りばめられてはいるが、少し味気ない。

平凡な大学生のナナミ、少年院上がりのクニコ…会うことも、電話すらせず、おざなりなメールだけを続ける関係を続けている二人。ナナミは家出少女を自宅に住まわすことになり、クニコは親友の母に真実を告げる決意をする。この夏、過去に縛られてきた二人に転機が訪れる…。

序盤からある種の違和感が……おそらく『その手の話』なんだとある程度予測がつきます。しかし、著者もそれは織り込み済みで、最後に『どんでん返し』というよりは小出しにネタを明かしていくことで興味を引きつける手法が取られています。作中で何度か目先を変えてくれるので、退屈せずに読み進められます。

但し、終わってみればやや物足りなさが…基本的に人物同士の『線』が薄く、彼女達が相手に対して、それほどまでに拘る理由が理解出来ません。著者にはお得意のもっとドロドロした人間関係を描いて欲しかったです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/15 17:00] | ★★★
[tag] 永嶋恵美
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。