FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

デパートへ行こう! (講談社文庫)デパートへ行こう! (講談社文庫)
(2012/08/10)
真保 裕一

商品詳細を見る

評価:★★

デパートだけに詰め込み過ぎ。もっと明確なコンセプトを…

所持金143円、全てを失った男は、閉店後のデパートに忍び込む。 そこは男にとって、特別な場所だったから…しかし、誰もいないはずの店内の暗がりから、 次々と人の気配が立ち上がる。日勤の従業員・負傷した元刑事・未成年のカップル…経営が傾きかけた老舗デパートで、のっぴきならない事情を抱えた人々の壮絶な一夜が幕を開ける。

個々の物語が交わることによる化学反応が皆無、むしろ互いがノイズとなり、打ち消し合っています。語り手となる登場人物達が面識のない相手に対して、いろいろ察しが良過ぎる点も何だか嘘くさい。

登場人物もデパート関係者だけに絞るべきでは…その方が物語の密度が濃くなるし、デパート内での追走劇についても、担当売り場のアドバンテージや勤続年数の長さを活かすことでよりスリリングなものに出来るはずです。とにかく、全てにおいて中途半端なのが良くない。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/13 16:33] | ★★
[tag] 真保裕一
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。