FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

キッド (講談社文庫)キッド (講談社文庫)
(2012/08/10)
木内 一裕

商品詳細を見る

評価:★★★★★

88分に小気味良くまとめられた映画のような爽快感

祖父から受け継いだ下町のちっぽけなビリヤード屋を経営する石川麒一。やんごとなき事情で死体遺棄を手助けしてしまったことから、とんでもない事件に巻き込まれることに-。死体を埋めて、掘り出して…冴えない中年男の死体に隠された秘密とは--。

まず何より主人公のキャラクターが良い。度重なる逆境にも、「なんとかなる」・「自分なら上手くやれる」という一念だけで立ち向かう姿は実に爽快。実社会においても、結果を出す人の多くがこうした気質を持ち合わせているものではないでしょうか。

ベタで、ご都合主義で、若干甘い展開ではあるものの、それらを補って余りあるテンポの良さがあります。各章の見開きを目にする度に、スイッチを切り替える『カシャッ』という音が頭の中にこだまするような躍動感。最小限の描写で、目まぐるしい攻防を描きながらも、きっちり話の筋を通していく手腕に脱帽です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/08/10 15:21] | ★★★★★
[tag] 木内一裕
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。