新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

同期 (講談社文庫)同期 (講談社文庫)
(2012/07/13)
今野 敏

商品詳細を見る

評価:★★★★

あと200ページは引っ張って欲しかった。

指定暴力団の元幹部が遺体で発見され、組対四課を中心とした特別捜査本部に捜査一課の刑事である宇田川も駆り出される。事務所への家宅捜索の最中に宇田川は逃走した暴力団員から発砲される……間一髪の所で彼を救ったのは、同期で公安刑事の蘇我だった。しかし、直後に蘇我が懲戒免職になり姿を消すことに…公安の蘇我がなぜその場に居合わせたのか?当初、暴力団同士の抗争と見られた事件の裏に潜む真実とは……。

犯人を捕える『刑事』、組織と戦う『マル暴』、そして同僚や上司にさえ自らの捜査内容をおいそれと明かすことのない『公安』…一癖も二癖もある魅力的な登場人物達による勢力間の駆け引きやパワーゲームの模様は流石の一言に尽きます。

序盤から深まり続ける謎にのめり込んでいくと、途中で見事に肩透かしを食らい、緩急のつけ方の上手さにも脱帽です。

終盤はやや駆け足で都合の良い展開となっていきますが、リアリティよりも『読みやすさ』・『気持ちよさ』を優先した結果と言えそうです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/07/17 13:36] | ★★★★
[tag] 今野敏
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。