FC2ブログ
新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/07/05)
浅倉 卓弥

商品詳細を見る

評価:★★★

終わり良ければ…

降りしきる雨、偶然の再会…中学の同級生であった彼女と突如始まった同棲生活。卒業後、十数年の時を彼女はどう過ごしてきたのか。何も語ろうとしない彼女と気がつけば夫婦同然の日々を送る。

あらかじめ結末は予見されているので、読者の興味は「どういうきっかけでそれが起こるのか」と「これまでの彼女に何が起こってきたのか」という部分に集約されます。しかしながら、両方ともかなりあっさりというか、それこそお茶を濁すような形で描かれるだけなので、肩透かし感は否めません。

また、ヒロインのキャラクターについてですが、家事全般が得意である事と主人公を理解している事については再三描かれるものの、それ以外に彼女が魅力的に映るエピソードがほとんどありません。おかげで彼女に同情したり、主人公に感情移入する事が上手く出来ませんでした。

上記のような理由から、今一つ話に乗れないままクライマックスを迎えることになったのですが、『赤い傘を使った情景』と『上司の金言』がそれまで溜まっていたモノを解放してくれたので、読者としては最後の最後で救われた思いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/07/05 13:40] | ★★★
[tag] 浅倉卓弥
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
レイン・デイズ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)(2012/07/05)浅倉 卓弥商品詳細を見る評価:★★★終わり良ければ…降りしきる雨、偶然の再会…中学の同級生であった彼女と突如始
2012/07/06(Fri) 22:02:11 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。