新刊の文庫小説を★の数で採点し、稚拙な文章も添えます.。ネタばれは少なめに、皆さんが本を手に取るきっかけになれば幸いです。                                                            
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

KUNIMORI (中公文庫)KUNIMORI (中公文庫)
(2012/06/23)
五條 瑛

商品詳細を見る

評価:★★★

タイトル『KUNIMORI』に込められた意味は必見

東京下町の貸しスタジオと共に、複数の賃貸物件を伯母の遺産として相続した武原耕太。勤め先を辞め、スタジオ経営に専念する彼だが、同じビル内の会社『デプラ』が夜逃げしたことを知る。伯母の名を言いながら「たすけてくれ」と繰り返す『デプラ』の元社員達、耕太の元に訪れた謎の少年…そして、叔母が抱えていた秘密とは-。

比較的早い段階で事件のあらましの想像がつく割には、なかなか話が進みません。さらに、序盤はいわゆる『下町の市井の人々』が中心に描かれていくのですが、文体や登場人物が持つ雰囲気がそれと噛み合わず、二重の意味でストレスを感じます。

中盤以降はお得意の展開になり、序盤で感じる違和感も薄れて行くので、安心して読み進めるが出来ます。軸となる『コップの話』は本当に目から鱗が落ちる思いです。

敢えて注文をつけるなら、登場人物は半数程度に絞るべきだったかと…各々が抱える背景や相手との関係性の描き込みが足りないせいか、今一つ盛り上がりに欠けます。少なくとも、『叔母』→『叔父』で良かったのでは…。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ⇐ ランキング参加中(クリックして投票)

FC2blog テーマ:新書・文庫レビュー - ジャンル:本・雑誌

[2012/06/29 15:57] | ★★★
[tag] 五條瑛
トラックバック:(1) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
KUNIMORI (中公文庫)(2012/06/23)五條 瑛商品詳細を見る評価:★★★タイトル『KUNIMORI』に込められた意味は必見東京下町の貸しスタジオと共に、複数の賃貸物件を伯母の遺産として相続した武
2012/06/30(Sat) 19:48:59 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。